お中元にそうめんの重要性

MENU

お中元にそうめんの重要性

子どもの頃は、「お中元にそうめん」はまったくもってテンションのあがる品物ではありませんでした。テレビCMでは、そうめんを作っている会社がやたらと、「お中元にはそうめん?♪」とアピールしていましたが、「そうめんなんてスーパーでも買えるじゃん」「そうめんよりカルピスとかジュースが良いよ」などと思っていたものです。

 

けれども大人になった今なら、お中元にそうめんの重要性がわかりますよ。だって、お中元にそうめんが欲しいですもの。なぜなら、お中元ならばそこそこ高品質なそうめんを贈りますから。

 

それが自分でそうめんを買うとなると微々たる金額を節約したくなり、安価なそうめんを買ってしまいがちなのです。

 

けれども値段がそこそこなそうめんはやっぱりおいしいのですよ。そしてだからこそお中元でそうめんを贈って頂けるとありがたいのです。ですからお中元にそうめんはとても重要ですので。

 

毎年お中元にハムを贈ってくれる

身内の中にデパートで働いている者がいるのですが、毎年お中元にハムを贈ってくれるんです(従業員価格でお安く手に入るみたいです)。

 

本当に、多種多様なハムを段ボール一杯に詰めて送ってきてくれるため、3ヶ月くらいは十分もっていますよ。しかもね、私自身、普段ハムなんてあまり買わないもんだから、いろんな種類のハムを一度に食べれるのがすごく幸せなんですよね。

 

中には、何とか賞を受賞したような、非常に高価なハムも含まれていますからねえ、本当に感謝感謝です。ですから、こちらも毎年それ相応のモノを贈ろうとは思っているのですが、どうも見劣りしてしまっているのが現状です。

 

それくらい、美味しいハムなのであり、いやらしい話、毎年お中元の季節が近づいてくると、家族で今年はどんなハムを送ってきてくれるかな、なんて話し合っている自分がいます(笑)。